Little by little

乾燥肌・敏感肌・ニキビに関係するスキンケア・コスメをご紹介!たまにトレンドもお届け♪

ニュース系 ファッション・アイテム 情報・知識

花田優一の靴屋の名前は?靴工房はどこ?値段は?評判は?

更新日:

最近テレビの番組で、花田優一さんの靴を中心とした話を観ました。

男性物の靴だったのですが、とても素敵だなーという印象を受けました。

ですが番組内では工房の場所や名前、値段といった内容の話は一切なかったので、気になり調べてみましたよ!

花田優一さんについて

まずは靴職人の花田優一さんのプロフィールをまとめてみましたよ!

 

プロフィール

氏名:花田 優一(はなだ ゆういち)

生年月日:1995年9月27日

出身:東京都

職業:靴職人、元タレント

芸能事務所:Megu Entertainment

父:第65代横綱の貴乃花光司さん

母:アナウンサーの河野景子さん

嫁:元幕内の富士乃真の娘さんの矢木麻織香さん

2018年12月に離婚。

 

2017年にタレント事務所と契約しましたが、あくまで靴職人を軸にしてタレント業を行っているようです。

また花田さんは、15歳のとき単身でアメリカへ留学し、その後革靴の本場であるイタリアのフィテンツェに行き、師匠である"アンジェロ・インペラトリーチェさん"のもとで約3年間修業しました。

今では、自身の工房を持ち、完全オーダーメイドで靴を製作しています。

 

現在は、タレント業は行っていません。

原因は、本業の靴づくりを疎かにしたこと。また靴の納品が遅れたことがきっかけのようですね。

それと最近では、絵画を出品しているようです。

 

靴工房の場所・名前は?

テレビで自身の工房を持っており、オーダーメイドで靴を作っていると話していた花田さん。

靴工房はどこにあるのでしょうか?

調べてみたところ・・

工房は東京にありました。工房の名前は『Angelo pico』とのことです!

花田優一さんのブランド『Angelo pico』ロゴは、インスタの壁に描かれているマークです。

なんでも、このロゴは花田さんご自身で描かれたものなんだとか!

 

靴の値段・オーダー方法は?

気になるのは、お値段ですよね!

お値段は・・・なんと15万~20万だそうです!

本革のうえにオーダーメイドですからね...!

簡単には手に出せないお値段ですが、きっと長持ちしてずっと履いていけるような靴を作ってくださるのでしょうね。

 

また作るのに、2週間かかるとのことです。

オーダー方法ですが調べてみたところ、ご自身の工房はお持ちですが、店舗は持っていないとのことです。

店舗を持たず個別受注・オーダーメードで靴作りをしているということは、どこからオーダーすればよいのでしょうか?

なんでも過去には、インスタに連絡先のメアドや電話番号が掲載されていたこともあるらしいのですが、現在はありませんでした。

やはり芸能事務所に入り、個人の人気も出たことで、いろいろあったのでしょうか。

あとは定期的に受注会を行っているとのことなので、そのときにオーダーするしかないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

広告

靴の評判は?

世界各国のナショナルブランド1200以上が集まるメンズファッションの展示会『PITTI UOMO(ピッティウォモ)

今年、花田さんは『PITTI UOMO(ピッティウォモ)』に5作品の靴を出展しました。

そこで師匠のアンジェロ・インペラトリーチェさんにお会いし、10点満点中9点を頂きました。

満点いかなかったものの、9点は凄いですよね!

また他の靴職人している方々にも、「これはずっと履ける靴だね」、「プロフェッショナル」というようなお言葉を頂いておりました。

他の靴職人の方々からみても素晴らしい靴のようですね!

最近では、良くない方でニュースに取り上げられているから、靴に対する評価も冷たくなってますね。

 

靴を紹介

そんな花田優一さんの製作した靴をいくつか載せてみましたよ!

 

どれも素敵ですね!さすがイタリア仕込み!私ヨーロッパ系のデザインが好きなので、かなり好みですね!

 

まとめ

花田優一さんのオーダーメイド靴は、簡単には手に入らない靴ということがわかりました。

今は絵画もやっているということで、どこに向かっているのでしょうかね?

人は、仕事と趣味の仕事の2つ持つといいみたいな話を聞きますが、納品が遅れるのであれば、それは仕事ではない気が私はしてしまいます。

 

それと今のところ、よいニュースではない方が流れることが多いので、世間の風当たりも少し冷たいですね。

その一方、絵画を出品したら売れているというのも聞きますし、少なからず応援している方もいると見受けられます。

今後どのような道に進んでいくのでしょうか?私的には、靴のデザインは好きなので、靴作りを改めて頑張ってもらいたいですね。

広告

最後まで読んで頂きありがとうございます^^ これからも沢山の記事を投稿出来たらなと思っています!

コチラの記事も読まれています

-ニュース系, ファッション・アイテム, 情報・知識
-,

Copyright© Little by little , 2019 All Rights Reserved.