Little by little

女性に向けて贈るサイト。美容など女子力を上げる商品や情報・また今話題の情報もお届けします。




ニュース系 情報・知識

宮川紗江の会見発言に塚原夫婦のパワハラ発覚!体操協会どうなってるの?

更新日:

8月15日に日本体操協会が、体操女子の世界選手権候補で2016年リオ五輪代表の宮川紗江さん(18)がコーチにパワハラを受けていると、速見元コーチ(34)を無期限の登録抹消処分にしました。

なんでも頭を叩かれたり、髪の毛を引っ張られたという話で、速見元コーチ自身も暴力行為を認めました。

ところが、宮川選手は『私は速見コーチに対して、パワハラされたと感じていませんし、今回のことも訴えたりもしていません。』と完全否定。

そして8月29日に宮川選手は会見を開き、『コーチのしたことにパワハラされたとは感じていません』や『体操協会からパラハラを受けていた』といった内容を話しました。

その宮川選手の勇気をもって発言したことに対して日本協会の方々は、「私はその話を聞いていませんし」と答えるなど、あまり誠意のある返答はありませんでした。

また会見の翌日、一夜明けた30日に記者に対して日本体操協会の塚原光男副会長は、会見での宮川紗江選手の発言に「ちょっとなぜ彼女があんな嘘を言うのかちょっと分からないので。」「大変だね嘘が多いので」「全部嘘」と、何度も嘘という発言をしました。

無期限の登録抹消処分にするほど速見元コーチは、宮川選手にパワハラしたの?

会見をきっかけに、パワハラ問題について色々と複雑になってきましたよね。パワハラに対して皆さん言っていることがバラバラだったりおかしな点があったりするので、まとめてみました。

【日本体操協会側】

・パワハラの事実調査を実施した結果、頭を叩いたり髪を引っ張る行為をしたと発表。

・髪の毛を引っ張るなど、いつやったのかということに対して記載なし。

・宮川選手(被害者側)に公式の聞き取りなしでパワハラを確定させた。

【速見元コーチ】

・元コーチ自身も頭を叩いたり、髪を引っ張るという暴力行為を認めた。

【宮川選手】

・コーチのしたことにパワハラされたとは感じていない。

・覚えている限りだと、ここ1~2年は頭を叩かれるなど受けていない。

馬乗りにして殴打したことや髪の毛を引っ張って引きずられていない。行き過ぎた言葉で騒がれているけど、そこまでされていない。

 

パワハラされたろう本人がパワハラと感じていません。そしてここ数年なかったことに今何故出てきたのと思ったりも。
しかも日本体操協会はいつやったなど詳細が分かっていないのにも関わらず、なぜこのような重い処分を下したのか疑問です。
また通報したのは誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

広告

それどころか宮川選手に対してパワハラしていたのは、日本体操協会!?

宮川選手の会見のとき、宮川選手は「日本体操協会」にパワハラを受けたといった内容をいくつか話しました。会見のときの言葉をまとめてみましたよ!

【15日合宿内にて】

・代表合宿の練習中に女子強化本部長と体操協会副会長に呼び出され、「暴力の話が出ている。あなたが認めないと、あなたが厳しい状況になるのよ」と何度も言われた。

・他にも「速見コーチが除外された後、あなたが一番困りますよ。私はあなたの味方よ」「あのコーチはダメ。だからあなたが伸びないの。伸びないのはコーチのせい。私なら100倍教えられる」など言われた。

・宮川選手「目標に向けて、コーチと一緒に計画を立てて、頑張ってきました。怖くて何も言えない先生ではなく、自分の考えを言える先生です。」「これからも家族とともに先生を信頼して一緒にやっていきます」

と言ったら、

会長「家族でどうかしている。宗教みたいだ」と終始高圧的な態度で言われた。

・「オリンピックに出られなくなるわよ」とも言われた。

【16日合宿にて】

・16日精神的に辛く合宿をやめたいと言ったら、「あなたのわがままよ」と言われた。

・他にも2016年に「2020東京五輪特別強化」が出来ましたが、これは強化したい方が参加すればよく義務的なものではないらしい。

宮川選手はナショナル強化選手に選ばれていたから、信頼できる強化方法で行おうと決め、2020には参加しませんでした。

そしたら、強化本部長から「2020に参加しないと、協会としてあなたに協力ができなくなるわよ」「オリンピックにも出られなくなるわよ」と言われた。

2017年7月にNTCで練習をしていたところ、強化本部長が現れ『2020に属していない選手』ということで、突如NTCの利用に制限をかけられたとのこと。現在も制限がかけられているようです。

オリンピックに出ていてもナショナル選手に選ばれていても、言うことを聞かなければ排除という現状がおかしいです。また宮川選手以外にもたくさんの選手が同じ現状にあっているとのことです。

宮川選手はこのことを「権力を使った暴力。パワハラだと思う」と告発しました。

言っていることがおかしいですよね。2020は義務ではないのに義務のような言い方をされたり、人の家族を悪く言うなんて最低です。

スポンサーリンク

広告

本当の目的は宮川選手を朝日生命に入れるため?

合宿最終日の21日、速見コーチの聴き取りが行われていない段階で、「朝日生命の寮の部屋が一つ空いているから、そこを使ってもいいのよ」「朝日生命からも近いし、朝日生命で練習すれば本部長もいるから」など言われ、そこの専任コーチの電話番号も渡されたとのことです。

最初から速見コーチの過去の暴力を理由に排除して、朝日生命に宮川選手を入れるための目的なんだと、宮川選手本人が言っていました。

会見の話を聞くからに、私もそう思いましたね。朝日生命の押し付けが凄すぎます。

偽装が行われていた!?

・合宿の15日~21日の間に、複数のコーチが本部長に呼び出され「速見コーチが暴力をしたところを見た」と言いなさいと迫られていたとのこと。

・8月3~5日、8日の間に匿名で「そんな人間を出入りさせていいのか!」速見コーチを犯罪者扱いにして出入り禁止を要求する電話があったとのこと。

・他にも宮川選手の父親が保護者の面談をしたと言っても音沙汰なく、被害者である宮川選手の話を聞かないまま処分が決定された。

電話に関しても、協会側の人が匿名で出入り禁止の要求をしたのではないので?とか、思ってしまいました。というか通報した人だって協会側かもしれないですし。

 

宮川選手の会見内容に塚原光男は「全部嘘」発言

30日の朝7時30分ごろに、塚原光男副会長(70)を直撃取材したところ、
宮川の会見内容について「今日午後にでもプレスリリースします。ちょっと、なぜあんな嘘を言うのか、ちょっと分からないんでね。大変だね嘘が多いので」と言いました。

そのあとも

記者「嘘はどの部分ですか?」
副会長「全部嘘」

記者「全部が嘘ってことですか?」

副会長「だからそれも今日プレスリリースしますから、それを待ってください」

記者「会見はやらないのですか?」

副会長「いや、やる...やることもあると思います。」

と言い、終始「プレスリリースや嘘」ばかり言っていました。

副会長がなぜ「全部嘘」という言い方をしたのか。もし白ならそんな言い方をしないと思います。やはり協会側に問題があるのかなと思ったりもしました。

スポンサーリンク

広告

おわりに

18歳の子がここまでぶつかり勇気をだして会見の場に向かったのに対して、協会側の大人たちは曖昧な態度で向き合っていません。

子供の方がしっかりしていて、大人がこうだとちょっとな...。と少し引いてしまいますね。

後ろめたいことがあるからこそ、こういう態度と対応なんでしょうけどね。全部嘘とかいうなら、そんな曖昧な言葉ではなく明確な言葉をいただきたいものです。

今宮川選手の発言を聞き、高須クリニックの高須院長などが宮川選手に支援をしようという動きが起きています。

会見をきっかけに宮川選手や速見元コーチとって良い方向に行くといいですね。

今後も注目していきます。

広告

最後まで読んで頂きありがとうございます^^ これからも沢山の記事を投稿出来たらなと思っています! 下のSNS拡散やブログ村をクリックして頂けると、主が喜びします(*^-^*)

-ニュース系, 情報・知識
-

Copyright© Little by little , 2019 All Rights Reserved.