Little by little

女性に向けて贈るサイト。美容など女子力を上げる商品や情報・また今話題の情報もお届けします。




ニュース系 情報・知識

口永良部島で警戒レベル4(避難準備)に!16時までに32回地震発生し2015年の火山噴火に似て不安

更新日:

出典:朝日新聞

2018年8月15日に気象庁は、屋久島町の口永良部島で火山活動が高まっていると受け、午前10時30分に噴火警戒レベル4(避難準備)を発表しました。

火口からおよそ3kmの範囲で、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石や火砕流に厳重な警戒(避難準備などの対応)を呼びかけています。

口永良部島では、8月8日および10日から30回を超える火山性地震が増加しています。またそれに伴い火山ガス(二酸化硫黄)の放出量も増加し、11日には最大1600トンに達するなど火山活動が高まっています。

また本日8月15日には、00時頃から16時までの間に32回の火山性地震が発生しました。
これまでの火山性地震の震源は、火口付近のごく浅い場所でしたが、本日起きた地震は新岳の南西山麓付近の深さ約5kmと推定され、地震の規模は最大でマグニチュード1.9とやや大きなものでした。

 

3年前に起きた噴火前と似ている

 

また本日8月15日には、00時頃から16時までの間に32回の火山性地震が発生しました。

これまでの火山性地震の震源は、火口付近のごく浅い場所でしたが、本日起きた地震は新岳の南西山麓付近の深さ約5kmと推定され、地震の規模は最大でマグニチュード1.9とやや大きなものでした。

 

本日の地震は、3年前の2015年1月に発生した地震とおおむね同じ場所と推定され、2015年の噴火前と状況が似ているとのことです。

1月の地震発生後の2015年5月29日に、爆発的な噴火が起き火砕流が放出しました。警戒レベル5(避難)になり島の住民は一時、近くの屋久島などに避難することに。

前と同じ動きをしていると思うと、噴火が起きないかと不安で仕方ないですよね。

また火山の噴火ももちろん怖いですが、噴火したことで2次災害として電子力発電所にも影響があったらと思うと、ゾッとします。

叶うならこのまま収まって噴火しないでほしいです。

 

ネット上の反応は?

スポンサーリンク

広告

まとめ

3年前の1月に似ている状況ということは、少なくとも約5か月間は安心出来ませんよね。

また新しい情報が入り次第、書いていきたいと思います。

以上、現在の口永良部島の状況についてでした。

広告

最後まで読んで頂きありがとうございます^^ これからも沢山の記事を投稿出来たらなと思っています! 下のSNS拡散やブログ村をクリックして頂けると、主が喜びします(*^-^*)

-ニュース系, 情報・知識
-,

Copyright© Little by little , 2019 All Rights Reserved.